top of page
検索
  • 執筆者の写真せいし 岡本

非常に重要な、臨時議会が開会しました


みなさんこんにちは!


奈良市議会議員の岡本せいしです。


本日、奈良市議会において臨時の議会が開会しました。


以前より記事として投稿しておりましたが、新斎苑の建設にかかる土地取得において、鑑定価格を3倍も超える金額で契約したことに対して、司法の判断がくだりました。


結果は、3倍での土地取得は認めない。


差額を、地権者2名と市長の3名で支払いなさい。というものでした。


しかしこれで終わり。とはいきませんでした。



ザクっと説明しますね。


この結果を受けて臨時議会が開かれ、この支払いを求める権利を放棄しようとしているのです。

しかも、地権者2名には支払いを求めて、市長だけは支払いを認めないというものです。

理由は、利益を得たのは地権者2名で、市長は金銭を得ていないから。だそうです。


…いや、ちょっとよく分からないです。


利益を得たのは確かに地権者だけど、その提案をしたのが市長。だから、司法は地権者2名と市長の3名に責任があるとして支払いを命じたわけですよ。


やのに、

「僕はお金もらってないし、支払いません」

「あいつらお金もらったから、あいつらから支払わせます」


って、その論理がおかしいと思うの、私だけですかね?


本当にこのいわゆる「債権放棄」を行うことが正しいのか。

そして、市議会がどんな判断を下すのか。

また、議員一人ひとりがどんな信念をもって賛否の判断を行うのか。


奈良市民の皆さまはもとより、奈良市民以外の皆さまも、「議会」「議員」がどんな結果を導くのか、ご注視ください。


それでは本日もご覧いただきまして、ありがとうございました。

閲覧数:70回0件のコメント

最新記事

すべて表示

不登校の現状について

皆さんこんにちは! 奈良市議会議員の岡本せいしです! 本日はね、奈良市より報告を受けた資料の一つ。 表題にもある「不登校児童生徒の状況」について、お伝えさせて頂きます。 この資料では令和3年度、つまり去年を最新のものとして、過去5年間(平成29年度~)の不登校児童生徒数の推移が記されております。 資料を見ると、全国的にも、奈良県としても、そして奈良市としても年々不登校の児童生徒が増え続けており、奈

Comments


bottom of page