top of page
検索
  • 執筆者の写真せいし 岡本

【不登校に関する奈良市の取り組み】その②



~ご家族の支援について~


遅くなりましたが、引き続き奈良市の不登校支援についてお知らせさせて頂きます。


以前、不登校の実情と支援内容についてお知らせ致しましたが、今回はご家族の方々のご支援についてお伝えします。


不登校の児童生徒への対応においては、子どもたちはもちろんですが、中々同じ思いを共有できずに、抱え込んでしまう保護者の方々のサポートも必要不可欠です。


奈良市では、そんな不登校児童生徒の保護者の皆さまへのサポートとして、「はぐくみのつどい」というイベントを行っています。


年4回を計画しており、内容としては、保護者の方に小グループに分かれていただき、情報交換をしたり、過去に不登校の子どもをもった経験を共有したりすることを基本としています。


参加者された方々からは、 「同じ立場の方の話を聞けて、自分だけではないと思った」 「進路選択の経験談を聞くことができ、参考になった」 などの感想を頂いているようです。



また、こうした取組を契機にして、今年度は保護者の皆さまが主体的に集まって、情報交換をする会も設けられ、保護者同士のつながりを密にする機会を創出しています。


この「はぐくみのつどい」ですが、保護者の方々へはどのように案内をさせてもらっているかと言いますと、 ①各学校に案内を送り、保護者の方々や子どもの実態に応じて学校から保護者に案内する。 ②教育センターに相談に来られた保護者や、一度「はぐくみのつどい」に参加していただいた方にも、必要に応じて案内する。

という形になっています。


保護者の方々へのサポートは、なくてはならないものであります。 ぜひともお一人で悩まずに、もし興味がありましたら遠慮なく教育相談窓口(0742-93-8199)へとご連絡ください。 いきなり電話は…。と、お思いの方は、私岡本にご連絡頂ければ間を取り持たせて頂きますので、遠慮なくお申し付けください。

閲覧数:47回0件のコメント

最新記事

すべて表示

不登校の現状について

皆さんこんにちは! 奈良市議会議員の岡本せいしです! 本日はね、奈良市より報告を受けた資料の一つ。 表題にもある「不登校児童生徒の状況」について、お伝えさせて頂きます。 この資料では令和3年度、つまり去年を最新のものとして、過去5年間(平成29年度~)の不登校児童生徒数の推移が記されております。 資料を見ると、全国的にも、奈良県としても、そして奈良市としても年々不登校の児童生徒が増え続けており、奈

Comentários


bottom of page